〜母の介護 備忘録 3 退院前カンファレンス〜

母の容体の変化があったのは 「骨髄異形成症候群」を2003年発症して以来 元気な病人と言われていた1年3ヶ月後 2021年夏頃 話は少し戻りますが、 私がそばに入れることになって 介護について見直し、勉強しなおしました。 訪問介護、ディサービス、などについて全く知らなかったので 一から勉強 知らない言葉ば…

続きを読むread more

母の介護 備忘録2 退院前 カンファレンス

母の介護 備忘録2 母の病名は 「骨髄異形成症候群」 2003年に発症が分かり 以降は長く病気と付き合ってくれていました。 10年ほど前に一度「初めての輸血」をするということで 立ち会い その時はすこぶる元気になり 時々、足が動かなくなったり 鼻血が止まらなくなったり(鼻をいじいじしていて止まらなくなった) …

続きを読むread more

〜母の介護 備忘録 1 入院手続き

備忘録として お役に立てば嬉しいです 母が入院の手続きに院内入院手続き受付に行きました が 渡されたのは「入院の手引き」冊子のみ 必要な入院の時のもの 母の保険証もろもろ ふと気がついたことが 父や義母の怪我の時に必要だった 高額医療請求制度 マックス金額を超えるとその請求はされないような 記憶…

続きを読むread more

リフォームダイヤリー 42 昭和のお家完成後 before after

長らくご無沙汰していました。 引っ越しして半年、ようやく全荷物が治りました。 香港の荷物、大阪のマンションの荷物、パリ引越し前の荷物と大集合しました。 キッチンアンティークが好きで 旅行に行くと、今まで買ったものの量的なことをわかっていても忘れているようで、 買ってしまう。。。そのキッチンアンティークものを…

続きを読むread more

昭和のお家 リフォームダイアリー41 引っ越し前

引っ越し 14回目転勤族と香港アパート事情(不動産投資)で2年ごとにお家賃を跳ね上げる大家さんが多いのも理由。 今回で最後にしたい引っ越しです 荷物詰めも日本の荷物詰めのおばさまたちの印象がよくなく自分で詰めますとのことで、十日間ほどグルーピングしながら詰めていきました 以前の反省点としてはなんでも目の前のものつっこんでしまったら…

続きを読むread more

昭和のお家リフォームダイアリー 40 いよいよ完成間近

最初の写真の昭和のドアです。 こちらを二枚 残しました。 もちろん現代令和のドアが背が高くてしかも幅が大きい これは冷蔵庫が通らない大きさ 65cm 幅、 なので冷蔵庫はこのドアから入ることは難しいと想定し 和室に行き、それからリビングを通り、キッチンに行くだろうと・・・笑 ドアのノブをみてください …

続きを読むread more

昭和のお家リフォームダイヤリー 40 郵便受け周り

今までこちらも気づかなかった ポストの周り、、、 散歩の途中、いろいろなお家のポスト周りに見ていたら 周りにお花を植えたら、 ローズマリーを植えたり ポットのお花を置いたり 様々 コンクリートで囲まないと 雑草が生えてくるので、ポスト柱の周りだけ何か植えられるようにしてもらいました。 ローズ…

続きを読むread more